スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一次性労作性頭痛についての考察

6f8d28402b88654456fe140c75ce05dd_s.jpg
画像 photo AC

普段、パソコンの前でみっちり仕事をする管理人が、
たまに肉体的労働をおこなうと、
翌日、翌々日まで強い頭痛に悩ませられる。

それは、恐らく「一次性労作性頭痛」といわれるもの。
命にかかわることはない良性の頭痛とされている。

(※頭痛には「一次性」と「二次性」といわれるものがある。
「一次性」は慢性的なもの、「二次性」はクモ膜下出血など
生命を脅かすような重い病気が原因の頭痛)

激しい運動のあとや、重い荷物を持ったあと、
急激に走ったあとなどに起こる頭痛で、

そのメカニズムはいまだ不明とのことであるが、頸静脈の逆流による、
頭蓋内の静脈系のうっ血(血流の障害により静脈内に血液がたまった状態)が
原因と考えられているようだ。

気温が高い場合や、高所で起こることが多いとされているが、
管理人の場合は、暑かろうが寒かろうが、高かろうが低かろうが
普段よりハードにからだを動かしたり、重いものを長い時間もつと
いとも簡単に強い頭痛を起こす。

ちなみに、

その他の原因として、

急性緊張型頭痛(長時間の同じ姿勢や精神的ストレスにより発症)や、
高血圧、脳圧亢進(頭蓋内圧の”脳、血液、髄液”のいずれかの増大が原因で起こる)、
動脈の拡張、もともともっている片頭痛などが運動で誘発される、
などがあるようだ。

参考:脳神経外科 山本クリニック
http://www.yamamotoclinic.jp/dir32/#heading3_1


対策としては、

事前に鎮痛剤をのむ(病院で処方されたものがよい)
こまめな水分補給、ウォーミングアップなどが推奨されている。

管理人の場合、水分補給や栄養補給にはかなり気づかっている。
野菜類はもちろんだが、
とくに筋肉の疲労回復のためタンパク質をしっかりとり、黒酢も摂取。
そのほか、発汗とともに失われた塩分補給のため、
血液と同じ塩分濃度といわれる味噌汁は必ずのむようにする。

また、もともと片頭痛があるので、少しでも頭痛の予兆があるときは、
脳の血管が拡張する要素(アルコールなど)は避ける。

これで、頭痛の50%は防げる。

しかし、鎮痛剤をのむのは事後で、
普段は座りっぱなしのくせに、
ウォーミングアップも十分とはいえない。

これらをクリアすれば、残りの50%が
防げるかどうかは次回。
スポンサーサイト

外の光を浴びること

e3068d10f9628de496cb9d42631d38ea_s.jpg
画像 photo AC

日本橋清州クリニック
佐藤院長のやさしい医療のお話し「第17話 太陽を浴びなくなった現代人(その2)」より
http://nk-clinic.net/story_no_17.html

有名なホルモンの話ではあるが、
医師の言葉で正しく整理。

朝起きて日の光を浴びると、
脳に刺激が伝わり睡眠ホルモンといわれるメラトニンが分泌されなくなる。
これによって人間は目覚め、活動的な生命リズムになる。

逆に、日が暮れるとメラトニンが分泌をはじめ、
生体リズムは休息に適したものになる。
メラトニン分泌のピークは、通常であれば真夜中。

佐藤院長は
「メラトニンは体の臓温に夜のON、朝のOFF を知らせる役目である。」
としている。

このように、朝日がのぼり目覚め、夜日が暮れて眠くなるという風に、
自然採光がいかにメラトニンを分泌させるのかが証明されている。

しかし、夜遅くなってもまだ煌々とした人工照明下にいると
メラトニンの増加が抑えられることも証明されている。
これで、もれなく夜になっても眠くならない夜型人間が誕生する。
携帯、テレビほか、あらゆる照明の人工的な光は、体内時計、メラトニン の生成を乱す。

また、ただでさえ過剰な美白意識で日光にあたらない人が増加したのに、
年を重ねると、ますます日光にあたる機会が減る。

佐藤院長は
「年を取って眠れなくなったら睡眠薬の前に日光浴である。
日々太陽に当り、体内時計にメリハリをつけると
少なくなったメラトニンも再度増えてくる。 」
としている。

睡眠学者は、「人工照明=エジソンの呪い」といっているそうだ(笑)

健康面からみると、偉大な発明の多くは、
人間を不健康で無力なものにしている。


そして、本テーマとは関係ないが、つにはAI搭載ロボットの登場だ。

かの著名な理論物理学者ホーキング博士も
「人工知能は人類の脅威になりうる」と警告している。


映画「ターミネーター」や「アイ,ロボット」のようなことが
実際に起きないとは言い切れない。




===============
なお、佐藤院長は、日中の生活を快活に行うにはセロトニンという神経伝達物質が必要、
セロトニンの分泌量は夜間のメラトニンの分泌量に左右される、としている。

セロトニンという物質の名前をだすのは
心療内科、メンタルクリニック関係の方である場合が多いようだ。

日本橋清州クリニックは内科、ガン対策外科、代替医療科、産婦人科。
この記事内においてセロトニンの働きに関して、
ハッキリとは明言していないように感じる。

これもまた有名なセロトニンに関してはまた次回。

過剰な美白意識に注意

120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_s.jpg
画像 photo AC

紫外線は皮膚や目を老化させるだけではなく、
ときに深刻なダメージを与える。

しかし、過剰な美白意識は、健康寿命を短くする。


管理人の母親が骨粗しょう症の治療をはじめる際
渡されたパンフレットには日光を適度に浴びるようにと
明記されていた。

一般社団法人日本骨粗鬆症学会による
http://www.josteo.com/ja/guideline/index.html
「予防と治療ガイドライン2015年版」にも、

「ビタミンDは特に高齢者で不足状態にある例が多いことが報告されており、
原因として脂質の吸収低下、皮膚でのプロビタミンD生成の減少、
日光暴露の減少などが考えられる。」
としている。

日光はビタミンDの合成に深く関与している。

ビタミンDが不足すると小腸や腎臓からのカルシウム吸収が不十分となり、
骨や歯の形成もうまくいかなくなる。
グリコ栄養成分ナビゲーター「栄養成分百科」より
http://www.glico.co.jp/navi/dic/dic_16.html

午前9時ぐらいまでであれば、紫外線量も比較的少ないので
天気のいい日はその時間までに外で陽の光を適度に浴びたほうがよい。
以下、気象庁サイトより「晴天時UVインデックス(推定値)の時別累年平均値グラフ」
http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_uvindex_norm_hour.html


sidetitleプロフィールsidetitle

ライター中山陽子

Author:ライター中山陽子
医学情報等にもとづいた健康・ヘルスケアについての考察です。

管理人のWEBサイト
http://yokonakayama.jp

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。