スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬だけどアサリスープ

fa3f78f500c9071b0e16f83011eb95e4_s.jpg
画像 photo AC

アサリの旬は春と秋。

しかし、日持ちしないアサリは冷凍保存が推奨されている。
冷凍ならばどんな季節でも手に入りやすい。

それに、アサリは冷凍保存することにによって、
貝の身のうまみ成分が流れ出るため、
うま味を感じやすくなるという。(増えるわけではない)

暮らしの科学部・企画開発部(フジテレビ商品研究所)さんより
http://www.fcg-r.co.jp/compare/foods_150227.html


ちなみに、あさりの旨み成分はコハク酸・遊離アラニン・遊離グルタミン酸
ほか遊離タウリン。

これらの成分は肝臓を元気にすることから、二日酔いにも効くといわれているので、
これからの忘年会シーズンにうってつけだ。

また、アサリには、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB12などが
豊富に含まれている。したがって、骨の健康や貧血予防にも役立つ。
それに、肝機能の正常化に役立つということは、
疲労回復効果があることを示している。

オルニチン研究会さんより
http://ornithine.jp/function/connection.html

そのほか動脈硬化予防や、目の網膜機能の向上などいろいろ。


そんなアサリは、もちろんお味噌汁でいただくのもよいが、

たくさんのお野菜を入れてスープにして、あらかじめパスタを入れておいたり
最後にご飯を入れて煮込み、シメにするのもおススメだ。

こちらはズボラな筆者がつくる簡単スープ。
============
鍋にお湯を沸かし、沸騰したなかに冷凍のままのむき身アサリを投入。
その際、一気に解凍できるよう、お湯の温度を下げないために
強めの火で蓋をして少し置く。

アサリが解凍できたら、冷蔵庫にある野菜を投入。
おススメは、キャベツ、パプリカ、ケール、小松菜、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎなど。
それに、生でも缶詰でもOKなのでトマトを投入。

それで少し煮込んだら、
塩コショウ、コンソメスープの素、オリーブオイル、オレガノを投入。

クリーミーなトマト味にしたいときは、
それにスライスチーズ1枚と牛乳を少々入れるのもいい。

パスタも野菜などと一緒に入れ込んでOK.
ショートパスタはそのまま、ロングパスタは折って食べやすく。

あとはグツグツ煮込むだけ。
============

これで、貝と野菜のうまみを存分に味わい、
からだの芯まで温まるスープの完成である。

ダイエット中の方でも、
炭水化物(ご飯、パスタ、ジャガイモと、ニンジンなど)の量を少なめにして
是非お試しを。
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ライター中山陽子

Author:ライター中山陽子
医学情報等にもとづいた健康・ヘルスケアについての考察です。

管理人のWEBサイト
http://yokonakayama.jp

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。